レース後はステーキ!

マラソンを走り終えて、ご褒美はステーキです。もちろんオリオンビールもいただきます!

走り終わってぐったりしていたメンバーも夜になったら元気復活。国際通りを少しだけウロウロしてから打ち上げです。
ステーキはミディアムレアで、って頼んだんだけど、しっかり焼けてた・・・。
焼きすぎ、でもいいわ。美味しかったから。
とてもゆっくり走ったせいか、体へのダメージはなさそうです。
20181202_184441
20181202_185614
20181202_190941
20181202_191441

| | コメント (0)
|

NAHAマラソン

20181201_170037 富山のスポーツショップのツアーで沖縄へ。NAHAマラソンを走ってきました。
私にとっては初めての沖縄。わくわくしながら飛行機に乗りました。
到着した沖縄は、まさに南国リゾート。湿度が高く蒸し暑くて、とても日本とは思えない。ツアーの全員がマラソンに出るわけではないので、観光組とマラソン組に分かれて行動。

モノレールに乗ってマラソンの受付会場へ。3万人もエントリーしている割には、受付に関するいろんなことがなんとなく「市民マラソン」レベル。のんびりした雰囲気のなかで受付を済ませました。
夜は、三線でのライブを聴きながら沖縄料理を堪能。ビールは我慢しました。
レースの朝。12月とは思えない暖かさ。他の大会では絶対にしないのだけど「レースウエアのまま着替えも持たずに会場入り」をしました。その理由は2つ。まずひとつめは、寒くないこと。そしてもうひとつは荷物を預かってもらう場合は500円で有料、しかも預ける場所がスタート地点から遠く離れているのでたいていのランナーはその辺の木に着替えをぶら下げていくのでそんなことをしたらどこに荷物を下げたか分からなくなってしまうので、もういいや、着の身着のままで帰ってこよう。という判断から。
そしてスタート。
もちろん痛み止めは飲んでいます。1週間前に大阪マラソンを走っているので疲労が抜けていないため、スタート直後にはもう体が重くて走るのが辛い。
暑いしアップダウンも最初からあってかなりつらいレース展開になるのは簡単に想像できました。いつ痛くなるか、そればかりを考えて走っていたのですが、そのうち沿道のものすごいエイドに圧倒されるようになりました。
他の大会ではあり得ないくらいのエイドで沿道が埋め尽くされています。オフィシャルのエイドがかすんでしまうくらいのものすごい私設エイドの数。そして、美味しそうな給食を用意してくれていて大感激。飲み物はもちろん、ミカン、バナナ、といった定番のフルーツはもちろん、ケーキ、おにぎり、ドラゴンフルーツ、沖縄そば、「ちゅうちゅう」と現地の人が言うアイス・・・色々、ほんとうに色々。これが私設エイドなのか??というくらいのすさまじさです。
そしてエイドで水や食べ物を差し出しているのは大人はもちろん「幼児」と言ってもいいくらいの幼い子供達。これはもらわない訳にはいかないでしょう。ありがとうね、と言いながら小さい手を包んで水やミカンをうけとり、頭を撫でているうちに感動して涙が出てきました。
うるうる。
暑さがすごくて、沿道から差し出される氷水の袋を首筋にあてて体を冷やして、頭から水を被りながら走りました。まさか12月に頭から水を被って走るなんて、想像もしなかった・・・。
ひめゆりの塔をかすめて走るのですが、何人ものランナーがコースを逸れてお参りをして戻ってくる姿を見ました。そう、ここは戦場となった地。忘れてはいけない。のどかでおおらかな沿道の人たちと過去の戦争が重なり、複雑な思いでした。いつまでも平和な世界でありますように。祈らずにはいられません。
暑さにへろへろになりながらのゴール。ゴール後は、オリオンビールをぐいっと飲んで元気になりました。一緒に走ったH先輩は熱中症になりかけていたようで、大好きなビールなはずなのに「いらない」という事態に(笑)。体のダメージが大きいようでした。
いやぁ、大変なコースでした。アップダウンも激しいし、暑いし。
でも沿道の応援はどの大会よりも熱かった。感動しました。
いい思い出。
20181202_145407
20181202_133623

| | コメント (0)
|

大阪マラソン

20181124_151814 大阪マラソンは毎年エントリーするも一度も当選したことがなく、今年は「市民アスリート枠」を使って 初めて走る権利を獲得しました。 10月に発症した坐骨神経痛。治りきっていません。悩み抜いた末にスタートしました。 実は坐骨神経痛が治っていない状態で走るべきか、やめるべきか、当日の朝まで決めきれずに会場入り。 でも会場に来てしまったら、走らない、という選択肢は消えてなくなってしまってました。

痛み止めを飲み、神様お願い。ゴールまで痛みを感じませんように、とお願いして走り出します。

気持ちは痛みの出てくる箇所に集中し、いつくるか、いつくるか、そればかり。結局、富山マラソンと同じ5キロすぎには鈍痛が始まり、20キロを過ぎたら足が動かなくなりました。4時間のペースランナーにも置いていかれ、意気消沈してジョグで進む。

今日のモチベーションは、33キロ付近の「まいどエイド」ずらーっと並ぶ給食に、テンションあがり、すっかり長居して楽しんでしまいました。

その休憩がよかったのか、なぜか35キロ過ぎたら足の痛みを感じなくなりました。

時計をみたら、サブ4いけるかも?
ならばいくしかない。

ゴールゲートが見えるところでグロスで4時間。あー間に合わなかった…でもネットでサブ4いけるぞ。

根性出せただけでも成果はありました。この1ヶ月、練習距離はわずか10キロ。そんな中での完走は、今の私の精一杯です。

悔しい、と言い出したらキリがないけど、坐骨神経痛が治らない中でよく走りきれた、今回は泣かなかったし、と自分を褒めます。

タイム:3時間57分19秒20181125_135148

20181125_231819

| | コメント (0)
|

芝生で緩ラン

今日は久しぶりにゆっくりランニング。同じ坐骨神経痛と腰椎分離症になっている人と、膝に故障を抱えている人と。みんな故障しているので、ゆっくりとジョグでおしゃべりしながら走ります。

ちょっと珍しい組み合わせのメンバーなので、レアな感じ。ランニング仲間がどんどんつながって、こうして普段は一緒に走らない人とでも気軽に練習できる環境がとても嬉しい。
ひとりで悶々としているよりも、こうして走れないなりに無理しない範囲で走ることは、体にも心にも良い。
気持ちがスッキリしました。
走れないことで、他のランナーがガンガン練習したりレースでいい成績を残しているのを見聞きすることさえ辛くて仕方なかったけど、3人で話をしていたらみんな同じ気持ちになっていたことを知り、なんとなく安心したり。
励まし合って、絶対また元気に走れるようになろうね、と誓い合いました。
さて、来週は大阪マラソンです。
走ろうか、やめようか・・・。20181118_092025

| | コメント (0)
|

母さんありがとう

今日はタイヤ交換のために帰省。アパートにはタイヤを保管しておく場所がないため、実家にタイヤを置かせてもらっています。タイヤ交換の都度帰省しています。

お天気はいまいちです。でもランニングはしないのでお天気は関係なし。
実家に到着したらまずタイヤ交換へ。
いつもお世話になっているスタンドに行きます。そろそろ車検だね、どうする?と気にしてくれるのがありがたい。ブレーキパッド(←と言われた、と記憶。まちがってないかな)少なくなってるから、車検の時に見てもらって。と助言をもらって帰ってきました。
それから、母とランチへ。いいお店をあまり知らないので、魚津の海の駅へ!「バイ飯」がとても人気らしく、母はそれを狙っていたのですが、もう品切れ。えーー、残念。遠方から食べに来られる方もいるとのこと。そう聞いてしまったら是非食べたい!また食べに来ようね。
バイ飯が売り切れだったので海鮮丼をいただきました。まぁこれはこれで美味しかった。
母に、腰痛平癒のお守りをもらいました。神棚にあげてありました。
旅行先の高尾山で買ってきてくれたということですが、その気持ちがありがたい。感謝です。はやく腰を治したいですね。
父の葬儀の時に読まれた弔辞がでてきた!と見せてもらって、父や祖父母の思い出話を聞きました。弔辞を読みながら本当は泣いてしまいそうだったけど、ぐっと我慢。
働き者だった祖父母のように、何事にもまじめに一生懸命取り組んだ父のように、そしていろんな意味で強い母のように、私もしっかり生きなくては、と思った一日でした。
20181117_121256
20181117_125350

| | コメント (0)
|

お買い物day

20181110_143535 今週は、おかやまマラソンを走る予定でした。でも、坐骨神経痛のため断念。ぽっかり予定が空いた週末になってしまいました。走りに行こう、って訳にもいかず、土曜日はふて寝に近い寝坊でぐずぐず。でも、ぐずってても仕方ないので、掃除してスーパーで買い物して体操して・・・それでもお昼過ぎ。もーーー、じゃ、少し走るか。と、重い腰を上げたのは14時くらい。走ったら温泉に入ろう、と決めて松任海岸へ。
すっかり冬の海になった日本海を眺めながら、ゆるゆるとジョグ。5キロくらいでやめておこう。そして、ゆっくり温泉につかって体をほぐしました。

そして今日は、お買いもの。12月にランニングチームの若手の結婚式披露宴に招かれているので、ちょっと準備を。電車で金沢まで行き、徒歩で移動。せめて歩かないとね。欲しいものは買えたし、お友達のお店でランチも食べることができました。満足満足。たまにはのんびりとお買い物をする週末もいいものです。
走ることに囚われると、どうしてもランニングを優先して、その残り時間で他のことをするようになり、休日の使い方が偏ってしまう。
爽やかなお天気でよかった。
20181111_122710
20181110_155222

| | コメント (0)
|

魚津へ

20181103_115429 スポーツジムでトレーナーをしている友人に、腰痛に効く、というか改善するためのストレッチ・トレーニングを教えてもらいに行ってきました。

約1時間、みっちりと教えてもらいました。
ヨガの要素がとても多いトレーニングで、ストレッチ、体幹、筋トレすべての要素をカバーできるそう。汗がどっと出てくる。
今日は朝から腰が鈍く痛いので、ヨガも辛い。痛いと思ったらやっちゃダメ、というアドバイスもあり無理のない可動域の中でのトレーニングでした。
どうもありがとう。
今、私は必死。なんとかしてこの痛みを改善したくてもがいている感じ。
トレーニングを終えてから、せっかくだから、と走ってみました。「ゆっくり、5キロくらいから」という指導を受けているので、5キロね、と言い聞かせてスタート。でもすぐに痛さが出てきて、歩いたり走ったり。
あーー・・・ダメだ。走れなくなってる。
残念。こんなにいいお天気なのに。
さ、お風呂にでも行くか。「満天の湯」はどこに行っても入り口は同じ室内装飾。20181103_123904

| | コメント (0)
|

富山マラソン

20181028_084651 悩みに悩んで、富山マラソンは走ることにしました。でもテンションは低いまま。今回の目標は「ゴールにたどりつくこと」「エイドを楽しむこと」このふたつ。
飛び出して走らないように、いつもは持たないスマホを持って走ります。

スタート前に、ラン友達と談笑。地元の友達にもたくさん会えて、あっちで写真、こっちで写真、ってやってたら、一緒にいた金沢のラン友に「スターみたいやね」って笑われる。いやいや、地元だから友達がいるだけだよ。
スタートブロックは「B」。ガチレースなら最高のスタートポジションなのに・・・。今日は痛みとの戦いになるので、Bブロックにいることが重荷に感じる。スタート直前まで友達とおしゃべりしていたら、あっという間にスタート。
医者に言われたとおり、スタートの1時間前に痛み止めを飲んだけど、5キロも走らないうちに痛みがでてくる。もう・・・痛いじゃん・・・。それでも走れないこともないので、割とスピードをあげたまま走り続ける。チームのメンバーがいたので数キロ併走。地元のおじちゃんランナーにも会ったので握手してひと語り。あ、藤原新さんだ!他のランナーが握手してもらってサッと行ってしまうなか、私はガサゴソとスマホを出して、ちゃっかり藤原さんとツーショットの自撮り。
結構楽しい。
でもいつ、薬が切れて痛み出すのか?と内心はビクビクしていました。
ハーフ地点に近い新湊大橋までのエイドで、念願の白エビの天むすを食べました。美味しい!!!これはうまい!かまぼこやおいなりさんもいただいて、お腹は満足。
応援に来てくれていた友達にも会えて、また写真撮影。「止まってていいの?」「いいの、いいの」
こんな風に楽しかったのは新湊大橋まででした。ハーフを過ぎてしばらくしたら、ついに痛みを感じるようになってしまいました。痛い、というよりも痺れている、という感覚が戻ってきて、これはマズイ・・・と。ここでもラン友が併走していたんだけど、ついていくことができなくなって置いていかれました。
左足が全然動かなくなり、右足とのバランスもとれなくて、ペースがどんどん落ちていきます。痛いし悔しい。
いったい何百人に抜かれたか分からないくらい抜かれまくり。心折れます。
足の痛みもどんどん大きくなってきて、ゴールできないんじゃないか・・・そんな不安が胸をよぎります。
31キロ地点に友達がいてくれる、と聞いていたので友達に会うまでは絶対やめないぞ。と思って頑張りました。そして31キロ、予定通り友達がいてくれました。薬が切れたよぉ・・・とちょっと泣き言を聞いてもらってから、再び走り出す。
もうあとは自分との戦いのみ。
あまりに痛くて、「痛い、痛い」と声に出てしまう。おまけに涙も出てくる。
そうこうするうちに、沿道で応援してくれているおばあちゃんが「ようここまで頑張ったね、あと少しやよ、頑張って」と、何気なく言ったはずの言葉に、思わず涙があふれて、泣きながら走りました。
絶対ゴールまでいくぞ!!
残り数キロは「歩いているのか?」と自分で思うほどのスローペースになりました。ガッツで走るランナーの邪魔にならないように道の隅っこを走りながら、とにかくゴール、それだけでした。
ラストスパートもかけられるはずもなく、ゆっくりとゴール。あー、ゴールできた、よかった。
ゴールでは、途中一緒に走っていた友人が待ってくれていました。心配したよ、ゴールできてよかった、と言ってくれました。
こんなに泣きながら走ったレースは初めてです。
辛いレースでした。痛みを薬で誤魔化して走る怖さも知りました。
この後のレースは、おかやまマラソンは棄権することにし、大阪マラソンは痛みの具合をみながら決めていこうと思います。
20181028_103636
20181028_103647
20181028_103656
20181031_063940

| | コメント (0)
|

骨、滑ってました

もともと腰は弱いと思っていました。高校生の時に腰を痛めて以来、腰痛とは仲良し。今月初めに激痛を感じてから、ずっと走れず、いくつかの整形外科をハシゴしました。

最初はなかなか説明が下手な整形外科に当たり、落ち込んでしまったけど、ランナーの友達に聞いて行った整形外科では、レントゲンとMRIを予約なしですぐに撮ってくれて、しかも説明がわかりやすい。走りたい、という私の気持ちを汲んでくれて、富山マラソンは走ってもいいですよ、痛み止めを出します。と言ってくれました。
私の腰の症状はこの2つ。
腰椎分離症すべり症
座骨神経痛
まず、腰椎分離症というのは、腰椎の後ろ側の骨が疲労骨折し分離した状態
すべり症というのは、分離してしまった腰椎が前後にずれてしまった状態。
座骨神経痛は、座骨神経が圧迫されて現れる痛みやしびれ。
腰椎分離症は、いわば骨折なんだけど、若い頃になりやすい。痛みを伴うこともあれば、いつの間に折れていることもある。ということだけど、私は高校生の時に、激痛で走れなくなった時期があり、思い返せばその時に骨折したんだろう、と推測。当時は病院に行っても全然分からなかった・・・。その分離を放置したために、骨がどんどん滑ってしまって今に至る・・・ということなのだろう。
合わせて座骨神経痛もでてきたことで、今の痛みにつながっているようです。
この痛みは、神経の炎症が治まれば軽減できるし、一時的には薬で痛みを抑えることもできる。今回は、この薬の力を借りて富山マラソンに臨もうと思います。
でも、根本的な治療ではないことは百も承知。
思い切り走れないことも百も承知。
問題は、腰椎分離症すべり症の方ですね。このまま滑り続けないように、しっかり体のコアを鍛えて骨がずれていかないようにコントロールすることが必要になります。
理学療法士さんに骨を動かしてもらったりしているし、スポーツトレーナーの友人に体のコアを鍛えるトレーニングを教えてもらう予定です。
痛みがでたことで、自分の体の状態を知ることができて良かった。手遅れになるくらいに骨が滑ってしまう前でよかった、と前向きに考えよう。
123

| | コメント (0)
|

滑川ほたるいかマラソンは応援でがんばる

20181014_093533 地元の大会、ほたるいかマラソン。でも腰から太ももの痛みがひどすぎて、今回は残念だけど走らないことにしました。

でも朝は、会場へ。ウロウロして知り合いを探して、話をして楽しみました。そして、スタートを見届けたら急いで移動。なんといっても、今回のゲストは、川内優輝さん!応援ポイントは12キロあたり。どう考えても30分ちょっとで来てしまう!!急げ急げ。
そして、実家に車を駐めて、いつも母が応援してくれているポイントへ。
予想通り、スタートから34分で川内選手、ぶっちぎり独走で走り抜けていきました。こんな小さな大会でも100パーセント力をだして「ガチ走り」です。見ていて気持ちいい。
そうこうするうちに、4分ほど遅れて後続ランナー集団、そして、次々とランナーがやってきます。いつもは応援してもらう立場だけど、今日はみんなに元気をあげたい。そんな気持ちで声をはりあげ、手を振って応援し続けました。
この場所、実は一番苦しいところ。心が負けたら一気にペースが落ちてしまうので、負けないで!!と声をかけました。にっこり笑ってくれるランナーも多く、見ていて、いつもの自分はこんなに笑って走ってないなぁと反省しきり。
応援で大満足した一日でした。
走れなかったことは残念だけど、また来年!
実家の母に、富山の新米「富富富(ふふふ)」をもらいました。
20181014_074746
富山マラソン仕様の、シェイクハンズを購入。これ、中にドリンクを入れて、ランパンとかベルトに挟んで走れるもの。富山で大流行中で、金沢にもじわじわ進出。
20181014_181019
新米をありがとう、娘にもいただきました。
食べるのが楽しみです。

| | コメント (0)
|

«しらやまさんまで30キロ走(ゆっくり)