JAZZ三昧

20180915_175103 3連休はJAZZを楽しみました。
土曜日は、LUPIN JAZZ LIVE(ルパンジャズ ライブ)。あのルパンの音楽を作り出したバンドの演奏は素晴らしかった!次女と行きました。JAZZ大好きな長女が来れなかったのは残念だけど、次女が「おねえちゃんに」とCDを買っていました。

そして、今日は金沢市内で繰り広げられている金沢JAZZストリートへ。
会社の後輩が参加していることもあり、聴きに行ってきました。
いいねぇ、JAZZ。
長女がJAZZをやっていて、テナーサックスを吹いていたことから、どうしてもテナーサックスの音が気になる。でも、親馬鹿発言をするとしたら、JAZZ特有の色気のある音色は、長女はかなり上手かった。もう一度、長女のJAZZを聴いてみたくなりました。
20180917_155243
20180917_155136

| | コメント (0)
|

立山登山マラニックロス

20180907_192840 立山登山マラニックが終わって、心にぽっかりと穴が空いたようです。

どれだけこのレースが、私の中の多くを占めていたのか、ということを改めて感じています。
走る気にもなれず、体調もちょっと下降気味、ほんやりとしたまま2週間。
そろそろ秋のマラソンに向けて練習しなくちゃ、間に合わないよ。
分かっていてもなかなか体が言うことを聞いてくれず。まぁ、しばらくはぼんやりしてよう、と最初は思っていたけど、もうダメでしょ。
さぁ、走ろう。
「立山登山マラニック」の20周年記念冊子を買いました。じっくりと読みながら来年も挑戦しようか、って思いが沸いてきています。

| | コメント (0)
|

ウクレレ部

所属するランニングチームのなかに、ウクレレ部ができました。
なんだかみんなで練習しているなぁ、と思っていたところに練習会のお誘い。
娘にウクレレのチューニングをしてもらって、参加してきました。

7年前にホノルルに行ったときにお土産に買ってきたウクレレ。当時、それなりに練習してみたものの全然弾けず、諦めてしまっていました。
再びウクレレを手にして、やっぱり難しいなぁ、と思うんだけれど今回は目標があるから頑張れそう。20180905_221129

| | コメント (0)
|

高知料理を楽しむ

20180906_183709 長女が久しぶりにお泊まりに来ました。
月に1度くらいは一緒に時間を過ごせたら、と思っています。娘たちのお休みの日を調整して、3人で会う時間を。

今回は、金沢市内にある高知料理のお店へ。去年、入院していた長女が退院したときに「退院祝い」として食べに行って以来だから、1年ぶり。
よさこいの話をしたり、高知の話をして、すごく楽しかった。
普段あまり喋らない長女ですが、高知のこととなると饒舌になります。
うんうん、って話を聞きながら、高知に行きたくて仕方なくなる。
お料理も美味しかった~。
20180906_183633

20180906_184033
20180906_190231


20180906_200529

| | コメント (0)
|

野良猫ちゃん

20180903_184917 会社の近くには野良猫がたくさんいます。
のんびりとひなたぼっこしたり、井戸端会議したりしている様子をいつも目にします。

今日は残業を終えて帰るときに、ちょうど目の前に野良猫ちゃん登場。私の前を悠々と、時々振り向きながら歩きます。道があまり明るくないので、先導してくれているみたいです。
そして、ちょっと明るいところに出たら「ニャ」と鳴いて横にすっと逸れて、ばいばーい、という風情で立ち止まります。
はいはい、ありがとうね、安全に暗い道から明るいところに出られました。
明日は台風が来ますね。用心、用心。

ある日の野良ちゃん。
20180823_175651_2
逃げない。
20180823_175649_2


拡大!笑

| | コメント (0)
|

虹が出た

20180831_160926 台風が近づいているようですね。時折、激しく雨が降る悪天候。
先週は暑くて暑くて倒れそうだったのに、たった1週間でころっと天候が変わってしまいました。

夕方、大きな虹が見えました。
職場の窓からくっきり。思わず、事務所にいた人たちが窓に駆け寄り、写真を撮ってました。私もそのひとり。
何かいいことありそうな、そんなひとときでした。

| | コメント (0)
|

立山登山マラニックに挑戦

20180825_033123立山登山マラニック。
完走しました。というか、悪天候のためゴールが室堂になってのゴール。

夜中に準備している段階から暑くて汗が流れる。夜中の3時の気温は30度。有り得んやろ…嫌な予感がします。

浜黒崎に着いて、海にちゃぷちゃぷ。さぁ、ここから3003メートルまでたどり着けるか?スタートの段階では、ゴールは雄山になっていました。よし、いくぞ!

冷静でいたつもりが、時計のGPSを拾ってないことに気づいたのはスタート直前。あちゃあ、しかも何かインストールが始まってしまってスタートボタンを押せたのは1キロくらい進んでから。もぅ。

真っ暗な中でのランニングは初めてです。ヘッドライトと懐中電灯で足元の明るさを確保。景色が見えないので周りのペースで走っていたら6分~5分40秒。速いな…とは思ったけど、稼げる時に稼いでおこう、後で潰れないギリギリのところは、ここかもしれない、このまま行こう、と腹をくくる。

明るくなって岩峅雄山神社(スタートから20キロ地点)。トイレに行きたい…トイレでロスタイム5分。

ここからはアップダウンを繰り返す道。走友がスタート直後からエイドをしてくれて本当に助かった。スイカと飲み物をもらって元気が出る。大会のエイドが10キロごとにしかないので、この暑さでは私設エイドが命綱。コース上には何ヶ所も私設エイドがでていて、ありがたい。

立山駅エイド(スタートから39キロ地点)。エイドの手前でまたトイレ。ロスタイム5分。頻尿何とかして!イライラ。オマケにエイドでしっかり飲み食いするもんだから、かなりのタイムロス。

ここから称名エイドまでを何分で進めるか、が鍵。タイムテーブルでは、この区間を長めに取っていたのですが、結局称名エイドには、私のサクセスストーリーのタイムテーブルから10分遅れ。

称名エイド(スタートから46キロ地点)につく頃にはヘトヘト。力が残ってない…。シューズを履き替え、バックパックに替えていざ、八郎坂へ!
ここで、嬉しいことがありました。
立山駅を出てしばらく行ったところで、職場の同僚の車が通りました。応援に来てくれるとは聞いていたので、ありがとー、と車内を見たら、職場の上司達がみんな乗ってる!えーーマジで?
皆さん八郎坂の手前で、応援メッセージを書いた団扇を持って待っててくれました。じーん。記念撮影とかしてたら時間ロスしたけど、この時間は必要!

八郎坂は、用心して登ります。でも、ここまで走ってきた疲れからか、ふくらはぎ痙攣。うぅ…と、立っていたら後ろから来たランナーが、足攣りました?薬あります?と聞いてくれて薬ない、と言ったらコムレケアをくれました。ありがとうございます!実は初めて飲んだけど、よく効くんですね。助かりました。
ノロマな私の精一杯で、1時間で八郎坂を抜けました。

高原バス道路の木道を歩きます。この頃から、なんとなくうっすらとガスがかかるようになってきました。木道は滑るし斜めだし、走れない。諦めて早歩き。

弥陀ヶ原エイド(スタートから53キロ地点)についた頃には、一面ガスで真っ白。ここで、今日のゴールが悪天候のため室堂になったことを知りました。一瞬、気が抜けそうになったけど、もしかしたら13時半の室堂関門に間に合わないかもしれない、と歩いたり歩いたり走ったり歩いたり(ほぼ歩き)。
だんだんガスが深くなり、雨と風も強くなってきて、周りの景色は一切見えず、どこを歩いているのかさっぱり分からない。
でも、早くゴールしないと天候がどんどんわるくなってるからマズイ。雨具を出す時間さえ惜しくて、手袋だけはめて急ぎ足。

そして、ようやくガスで真っ白な室堂エイド(スタートから60キロ地点)でゴール。13時15分。私のサクセスストーリーのタイムテーブル通りでした。でも、この後、頂上まで行けと言われたら辛かっただろうな、と。私の力はここまでだったと思います。

残り2時間位はお腹ぺこぺこで、グーグー言いながら歩いていたので、お粥が美味しかった!

朝から気温が高いまま推移したので、胃腸をやられる人が多かったようですが、いつもの事ながら私は平気、寒さと足の痛みで、しゃがみこんだままお粥を完食。お代わり欲しかったくらい。

ゴール後は、早々に下界に降りました。なんせ、山の上は寒かった。低体温症になるかと思うくらいでした。

私のこの夏の挑戦は室堂ゴールで終わりました。頂上まで行けなかったのは残念だけど、スタートから室堂までずっと辛くて気が抜けず、とにかく大変だったので、ちょっとほっとしたような気持ちもあります。もう次はないな…と思っています。今のところ。

そうそう、走っていたら本当にたくさんのランナーに声をかけて頂きました。私のゼッケン番号が「3776」なので、富士山の標高と同じでいいですねー、と言われる。ラッキーナンバーをいただきました、と私も応える。そんな会話で元気をもらいました。
このゼッケンは捨てられないです。

20180825_054909 ようやく夜が明けて、ゴール地点の雄山が・・・見えない。雲の中。行けるんだろうか、と不安になる。山の天候が心配でした。

20180825_091846 称名にむかう。「悪城の壁」。八郎坂は、この壁を越えていく。 この辺は斜度がきつすぎて歩くしかない。

20180825_223010 高原バスルートは濃いガスに包まれました。視界は悪く美しい景色も全く見えないので、楽しくない。段々雨風が強くなってきて、非常に寒い。下界は猛暑なのに・・・。

20180825_132443 室堂で提供されるおかゆ。お天気がよければ、これをいただいて頂上に向かうはずでした。
悪天候で室堂がゴールになり、残念半分、安堵半分。
20180826_121157 このタイムテーブルが自分のペースを作るためにはとても重要でした。何度も何度も作り直したのですが、結局室堂のゴールタイムは、ほぼタイムテーブル通り。

| | コメント (0)
|

白山禅定道トレイルマラソン

20180819_172758 立山登山マラニックの練習としてエントリーした、白山禅定道トレイルマラソン。10キロのトレイルだけど、標高差1200メートル。ひたすら登り続けるレースです。厳しい。
トレイルは大嫌い。トレイルと聞くだけでテンション下がって恐怖感が押し寄せるんだけど、今日は練習、練習。練習だからね、と自分に言い聞かせる。

出走者数160人。手作りの小さな大会です。こういう大会の雰囲気、好き。小さな大会とはいえコースは難関、スタッフの方々の苦労が目に見えて分かり、ありがたい思いです。
いざ、スタート。スタートから2キロくらいは舗装道路を走ります。せめてここだけは軽快に走ろう。勝山城を眺めながらゆるく登るロードを走ります。
20180819_165954
あっという間にロード区間は終了。ぐいぐいと登りながらいきなり見えてくるのは平泉寺白山神社の長く続く階段の参道。(もう歩く)ここを過ぎたらいよいよ山に入ります。
険しい山道です。もう走ることは私には不可能。木漏れ日は、私の目にはあまり良くなくてコースの具合を把握できなくする。仕方ないなぁ、早々に戦意喪失して歩きました。
20180819_072507
ぐいぐい登ります。ここはまだコースがきれい。歩きやすい。
20180819_100011
こういう岩の道が長く続きました。もうこうなったらお手上げです。足の置き所を決めることができなくなって、ペースダウン。
20180819_101901
先の見えない長い階段。心折れる。
20180819_103731
頂上(ゴール)まで2キロ。ここからがまた地獄でした。
20180819_093648
ゴールからみた絶景。白山、別山が見えました。この景色があるから、楽しかった、と思えるのかもしれない。
結局、安全第一で歩き通して2時間越のゴールでした。
ひと休みしてから、今来たコースを戻ります。シャトルバスの乗り場まで2キロ戻らなくてはいけません。まだ登ってくるランナーに声をかけながら、ゆっくりと。2キロ下りるのに1時間かかりました。あーー怖かった。
今ここで怪我したら元も子もないという思いと、トレイル苦手意識により、ハイキング状態で歩き通したことで足へのダメージはあまりないようです。
これで、立山登山マラニックに向けての練習はおしまい。
あとは今週末のレースを楽しむだけ。

| | コメント (0)
|

立山登山マラニック試走(スタート~20キロ地点)

20180813_061455 立山登山マラニックのコース試走は、これまで分割して行ってきました。スタートから20キロ地点までのコースだけは一度も走ったことがなかったので帰省のタイミングで走ることにしました。同じ大会に参加するメンバー2人も一緒に、3人での試走。

朝から暑くなりそうな予感。
浜黒崎キャンプ場からスタートして、常願寺川の左岸を走ります。右岸は車も往来する広い道ですが、左岸は通ったことがないので、状況が分からない。
当たり前だけど日陰はないし、橋を越えるたびに橋の下をくぐるのでアップダウンを繰り返す。砂利道もある。自動販売機はない。これはマズイね・・・とみんなで話しながら走る。
途中、工事現場に自動販売機を発見してそこで休憩。
20180813_083649
20180813_084320
段々暑くなってきて、ヘロヘロになりながら残り数キロ。急に雲行きが怪しくなって、雨が降り出しました。恵みの雨~。なんとか20キロを走り終えました。
これで、コースのすべての試走が完了。
さて、どうやって走る?走れば走るほどゴールできる気がしないのは相変わらず。
夜は、妹と甥っ子も揃って、焼き肉!
だんだん集まれるメンバーが減ってきて、さみしくなってきたけど少数ならそれなりに楽しめる。焼き肉サイコー!(笑)
20180813_110002

| | コメント (0)
|

吹奏楽コンクール北陸大会

20180812_102024 吹奏楽コンクールで石川県大会で代表に選ばれて、北陸大会に進んだ娘の楽団の演奏を聴きに金沢へ。今回は、妹も一緒に。なんと妹が吹奏楽コンクールを聴くのは高校卒業以来だって。

県大会と同じ会場へ。
北陸3県から集まった団体の演奏は、さすがに上手。富山県代表の団体の演奏も聴けてよかった。娘の楽団の演奏は、親のひいき目で見て、金賞だわ!と思ってました。
結局、演奏が終わったら結果発表を待たずにすぐ仕事に行かなくてはいけない娘を小松まで送迎。みんなでランチを食べているときに「金賞」の連絡を受け取った娘はとても嬉しそうでした。金賞だけど全国大会には行けない、いわゆる「ダメ金」だったけど、金賞は嬉しいものです。
今日は、富山~小松~富山と一日中運転していたような気分で、すごく疲れました。母も疲れたようで、すぐに寝ちゃいました。
途中のスーパーで買ったスイカが美味しかった~。20180812_083950

| | コメント (0)
|

«お盆!帰省!