2018年6月16日 (土)

走ろう会練習会

20180616_092258とても久しぶりに、走ろう会の練習会に参加できました。今日の練習場所は大乗寺公園周辺。適度なアップダウンがあり、とてもいい練習コースです。
夏の立山登山マラニックに向けて、とにかく上りに強くならなくては、という気持ちでいます。
さて、メンバーは10人足らず。上りの続く道をずんずん走ります。おしゃべりしたり、途中、遅れたメンバーを待ったりしながら走るので、足への負担はそれほど大きくもない。

金沢市内を一望できる高台から眺める景色はいつも最高。あいにくの曇り空だったけど、いい眺めに満足。
そして、この公園は気節ごとに咲く花を楽しむことができます。今は、紫陽花が咲き始めています。練習コースの最後のあたりで紫陽花エリアを走ったので、すっかり足をとめて、紫陽花を楽しんできました。
朝からスッキリしました。
今日は、家事をしたり、しっかり掃除をしたり(時間がない週末はババーーっとやってしまう)買い物に行ったり、おとなしく過ごしました。
20180616_092514
20180616_092632















20180616_092533
20180616_092455

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

人間ドック

人間ドック行ってきました。
毎年恒例。のんびり過ごす2日間です。オプションで初めての「脳ドック」も受けてみました。
1日目の検査は、15時前に終了。一旦、宿泊先のホテルにチェックインしてから電車でアパートに戻り、軽くランニングしてきました。
南砺ウルトラの直前から鉄剤を飲み始めていて、今、走った感覚は「体にちゃんと鉄が満ちている」。鉄が不足している時とは明らかに走りが違う。あーー、気持ちいい。

一走りしてから、また金沢に移動。ショッピングビルをうろうろしてみるものの、特に欲しいものもないので、さっさと切り上げて食事。たまたまドックのメンバーと一緒になったので、みんなで楽しく夕飯をいただきました。
人間ドックは、すっかりレクリエーション的な位置づけになってきたなぁ。
2日目の糖負荷検査の結果を待たずに問診だったので、糖尿病に近づいているかどうかは、1ヶ月後の診断結果を待つしかないのだけど、とりあえずそれ以外の検査結果は、例年通りの心電図異常のみ。狭心症の人と同じ波になってます。(知ってます)。何か自覚症状はありますか?階段を登ったり走ったりしたら息がきれますか?(自覚症状はありません。こないだ100キロ走ってきましたけど、普通に息は切れました。)いつものドクターとの会話なので、もう飽きた・・・。
脈拍が異常に少ないのですが、これってスポーツしてるからでしょうね(そうでしょうねぇ)。
で、問題なく問診も終了。
また来年!健康で日々を過ごしたい、と改めて思うのが人間ドック。
いつの間にか半世紀近く生きてしまった、体の部品もそりゃぁ、疲れてくるものもあるだろう。大事にしながら、健康に気をつけていこう。
20180613_162341

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

南砺ウルトラマラニック

20180603_042821第1回南砺ウルトラマラニック100キロを走ってきました。 2年前の高山ウルトラマラソン以来のウルトラレース。 地元富山県での初めてのウルトラ大会ということもあり、これは走らねば、という気持ちで迷わずエントリーしました。 タカンボースキー場を4時半にスタートして、前半50キロは激しいアップダウンが続きます。高低表を見て覚悟していたものの想像以上の大変さでした。 スタート前に地元のラン友に「途中でおいてってもらっていいから、一緒に走って」とお願い。参加人数が少ないので、いずれ絶対ひとりぼっちになる。心折れたら簡単にやめてしまいそうだったので、予防線のつもりで。 おしゃべりしながら楽しく走りました。コースの景色は最高!世界遺産の合掌造りもしっかり走り、小牧ダム、緑豊かな山道を眺めていると飽きることがありません。TOGA天空トレイルで毎年泊めていただくお宅の前の道も通りました。 そして30キロの最初の関門。閉鎖時間の30分前に到着。う、意外と余裕がない・・・と焦る。利賀を過ぎたら、長い長い下りに突入。「ここを飛ばしたら後半つぶれてしまうからね、スピードを出さないように」と事前にアドバイスをもらっていたので、あまりに加速がついてしまったら歩きを入れながらスピードを調整し,走りました。 50キロ地点の閑乗寺まで6時間で到着することがひとつの目標でした。 ウルトラは「50キロを6時間で走れれば完走できる」と言われます。直前までギリギリ間に合うか、と思っていたのですが間に合いませんでした。 100キロの部のスタートから6時間後が50キロの部のスタート時間。50キロの部で走る仲間に会いたい、と思っていたのですが結局会えずじまいでした。 閑乗寺の展望台までの登りはものすごく厳しい。悪態をつきながらよろよろとあるいて到着。展望台からは砺波の散居村が見えて絶景なのですが、レースでこの景色を見なくていいから登りたくなかった(笑)。 時間に余裕があればウェアを着替えて気分転換をするつもりでしたが、そんな余裕なし。でも食べるものはしっかり食べました。お昼に近いので昼食の位置づけてどんどん食べる。サラダ肉丼、そうめん、フルーツ、きゅうり。そしてたくさん飲む。頭から水をかぶる。幸い、胃腸は丈夫らしくダメージはなし。 さぁ、後半50キロへ行こう! ここまでは激しいアップダウンを繰り返してきたから、あとはほぼフラットに見えていたので楽勝でしょう、と思っていたら大間違いでした。細かいアップダウンが延々続き、日陰もないので暑さも堪える。フラットな道になった、と思ったら先の先まで見える一本道で心折れる。桜が池の周りを周回したときは、木陰がたくさんできもちよかった~。 エイドには、熱中症とか脱水症状で不調を訴える人、リタイアします、と言っている人、そんな人がいました。気候条件もなかなかハード。エイドに着くと水分を補給して、頭から水をかぶり、氷をランニングパンツのポケットに入れて足を冷やしました。 後半は関門との戦いでした。すべての関門を閉鎖10分前に滑り込む、ギリギリの展開。あーー、心臓に悪い・・・。 そして最後のトドメは90キロ地点だと思っていた関門。 あと10キロを1時間半駆けて走れば間に合う、と思っていたら「ここからゴールまで11.8キロあります!」と言われて愕然。えーー、それは困る!マジで??? そういえば前日の説明会で、ゴールの体育館の周りをぐるっと回り道してもらいます、と言っていたけど、それって距離が伸びるってことだったのか。でもみんな知らないんじゃないですか?ちゃんと教えてあげないとやばいですよ、ゴールに間に合わない人が出てくる。とスイーパーの方にお願いして、事務局に伝えてもらいました。 ここまで一緒に走ってきた友人は、実はだんだん体調が悪くなり、脱水症状になっている様子。さいごまで一緒に走ろうよ、と言ったけど「先に行って」と言われたので、その方が友人の気持ちの負担も軽くなるかもしれない、と思い、後ろ髪引かれる思いで置き去りに。もーー、気が抜けない。頑張らねば。最後のエイドは軽くスルーして、ゴールを目指します。この時点では、歩くよりもゆっくりと走る方が体が楽だと感じるようになっていたので、とにかく走る。 そして、たくさんの声援に迎えられて制限時間の20分前にゴール。 あーー、ギリギリだ、間に合った。よかった。あまりに辛かったので思わず涙が出ました。 90キロで置き去りにした友人も無事、制限時間の10分前にゴールし、お互いに喜び合いました。 今回の完走率は50%ちょっとだったらしいです。 確かに厳しかった。ゴールできただけで喜ぶべき大会だ! ゴール直後は「二度と走らないぞ!」と大声で叫んでましたが、段々気持ちがかわってきました。 なんと言っても、この大会はスポンサーがつかない手作り大会であるというのに素晴らしい運営だったことに感動しました。駐車場からスタートまでのシャトルバスが無料(ほかの大会は3,000円くらい)、周辺の町の銭湯が無料(しかも大会の2週間先まで使える)、レース後の飲食が無料、途中のエイドはものすごい充実ぶり、常にコースにはバイクや自転車で行ったり来たりするスタッフがいて安心、そしてそして、ゴール後の完走証とメダルは取りに行かなくても持ってきてくれる!完走後にはまったく力が残っていないランナーにとっては、これ以上のサービスはない。 さらに富山県人だから分かるんだけど、大会の運営スタッフは県内の錚々たるアスリートが集結していました。この方たちにサポートしてもらえるなんて、ものすごい贅沢!!!と震えるほどでした。 きっと来年もこの厳しいコースに挑戦するんじゃないか、という予感がします。 走らないとしてもスタッフとして関わりたい、そう思います。 素晴らしい大会が富山にできて誇らしい。
20180603_050344
20180603_212219_3
20180603_204150 Map




20180604_181956

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

生きる

走りたくない。走りたくない。

なぜか気持ちが沈んで、全然走りたくない。
でも来週はウルトラマラソン走るんだし、ちょっとは体を動かしておかないと・・・と無理矢理着替えて外に出てみた・・・けれど、走れない。
と、ふと見たら路肩にかわいい花が咲いている。これ、わざわざ植えたものではなくて、生えてきたんだよね。
植物の生命力、生きる強さを感じます。
しばらくしゃがみ込んで、花を眺めたり写真を撮ったり。
そうだ、今日は路肩の植物を観察しよう。そうして、ゆっくりと走ったり歩いたりしながら、なんとか15km。
今日のモチベーションは「次はどんな植物が生えているかな?」でした。
20180527_075926 20180527_085540
20180527_080038 20180527_084612
20180527_090259

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

福井の猫寺(御誕生寺)へ

20180521_124554 娘たちと「猫寺ツアー」しよう、と話をしていて、今日、二人の娘がお休み、私はそれに合わせてお休みをとって3人でツアー決行!

捨てられた猫を何十匹も育てている、ということで一時テレビでも放映されて有名になったお寺です。行ってみたいなぁ、とは思っていたけど、今の時期に行ったのは、仕事に悩む長女の気晴らしになるかも、という思いがあったから。
いいお天気になり絶好のドライブ日和。姉妹は運転席と助手席で笑いながら何か話をしている、なぜか「どうか娘たちが幸せになりますように」と思ってしまう。
いつまでも子供ではない、と分かっていながら一人暮らしで悶々と悩んで泣いているんじゃないか、と常に心の隅っこで思っている長女が心配でならない。
20180521_122250
福井に着いて、まずはランチを。お寺の近くのイタリアンレストランで。美味しかった。ワインをたくさん揃えているようで、夜に来たらいい雰囲気で食事ができそうな感じでした。
そして、いよいよ猫寺へ。
のどかな、緑いっぱいの風景を眺めながら到着。
静かな境内には、車が何台か停まっていて用意された椅子に座って静かに猫を眺める人たち。
時間がゆっくりゆっくり流れていて、いつまでもここに座っていたい、という気持ちになります。いつかテレビで見たような、猫がわんさかと歩いている、というのはなく、数匹がお昼寝したりお散歩したりしていました。
ここに来た人たちは、キャーキャー騒ぐわけでもなく、本当にのんびりと猫たちを見たり、ちょっと写真を撮ったりして過ごしています。ブームは落ち着いたんだろうな、と思います。
私たちも、猫を撫でたり写真を撮ったり、ぼんやりして満足してから帰ってきました。
いい時間を過ごせました。
長女とも仕事のことを話せてよかった。
また、遊びに行く企画をしようね。
20180521_132751
20180521_190501
20180521_125112
20180521_124741

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

TOGA天空トレイル

20180519_085956第5回TOGA天空トレイル。
これまで一度も雨が降らなかったこの大会ですが、今回は雨のレースとなりました。おまけに寒い。

すっかり気分が萎えてしまってイヤイヤ受付へ。そこで会社の友人に会って「コース変更できるみたいよ!」と聞く。その誘惑にとびついて、ミドルかたショートへコース変更してしまいました。
結果、コース変更は正解でした。前日の雨、当日の雨、何百人ものランナーが通ったあとのドロドロのぬかるみで、どろんこ祭り状態。何度も転倒して、下半身は泥まみれだし、手袋を忘れて素手だったので手も真っ黒。あぁ・・・。
20180519_112619
手が真っ黒になってしまった後は、スマホを持つことさえできませんでした、その前に、一枚だけ撮ったコース写真。ここはフラットですね。こんないい状態のところはほとんどありません^^
いつもかけている度付きのサングラスも、今回のような雨降り曇り空では使えず、サングラスを外したら視力0.2の状態で、路面がよくわからない。そもそも視野が狭いのと遠近感がなくなっていることもあり、デコボコが分からず、走ることは難しい。諦めて怪我をしないように、歩くことが多かった・・・。もうトレイルは無理かな・・・と悲しい気持ちでずっと走りました。時間さえきにしなければ楽しいだろうに、景色を楽しむ余裕すらないのが残念でした。最大の難点は、トレイルを走るテクニックが全く身についていないことですね。
まぁ、色々考えました。普段のレースでは考えないことを色々。
毎年恒例の交流会はとても楽しかった!第1回大会の時は、知り合いがほとんどいなくてちょっぴりさみしかったけど、5回目となると、仲間がたくさん参加していて嬉しい。
毎年泊めていただくお宅にはみんなで「ただいまぁ」と帰る。
利賀の魅力は、村全体が家族のような関係だということ。
レース直後は「トレイル卒業」と思っていたけど、少しずつ気持ちが変わってきたかな。やっぱり仲間との交流は楽しいし、ゆっくり走ればトレイルもまだいけるかも。
20180519_170244

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

恐竜王国

今日は仕事で敦賀まで。

電車での移動でしたが、駅のホームのベンチに恐竜!わぁ、ここにもいた!福井駅にしかいないものかと思ってたら、どこにでもいるんですね。
今週は、すごく疲れた。連休中の5日間と、仕事の5日間の時間の流れ方があまりにも違うので愕然とする・・・(笑)
20180511_101836

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

ゼロ夕霧

20180505_151512ゼロ夕霧に参加。
「ゼロ夕霧」とは、海抜ゼロメートルの内灘海岸から、海抜845メートルの医王山(いおうぜん)夕霧峠までを走って往復するラン仲間の企画イベント。そろそろ峠の雪が消えて、サイクリストやランナーのトレーニングの聖地となる夕霧峠開きも兼ねて・・・。
足腰の痛みや、とても走力が足りないことが私を引け腰にしていましたが、川の道を走る友が頑張ってる。同郷のラン友も練習頑張ってる。
私も頑張らなきゃ!ということでようやく決断。

共に走るメンバーは私の走力では追いつけない強者ばかりです。それでも何とか遅れながらもついていく。途中で合流するメンバーもいて、賑やかに山に向かいます。
登りは苦手。夕霧峠までの道のりは私だけ時々ウォーキングで最後尾にて到着(^^)
ひとり500円までのおやつでもぐもぐタイム。
エネルギー補給したら復路です。皆さんハイペース(・∀・)
時々コンビニで休憩しながら走ります。
多少遅れるけれどそれなりについていけたのは50キロ手前まで。
コンビニで休憩し終わった途端に「胸が苦しい」状況になりました。ガリガリ君を慌てて食べて体が冷えたかな?と思いながらも、全く走れなくなった状況を分析。
足は痛いが動かせる。でも、体に酸素が回らなくて酸欠になっているような感じで、20メートルくらい走ったら立ち止まりたいくらいに苦しい。実際立ち止まって膝に手を当ててゼイゼイ。耳も高山にいる時のようなツーンとした感じになってる。あー苦しい、動悸も激しい…数キロこの状態で進んでようやく「貧血を起こしている」という結論に。貧血の時の走れなかった状態と同じじゃん!
これは無理だ…走れない。
悔しくて申し訳なくて、でも走れなくて、ラストスパートをかけたい皆さんの足止めをしてしまい、ご迷惑をかけました(。-_-。)
それでも、ようやく内灘海岸に到着!

ラスト5キロが本当に辛かった。
今回走って、坂道を登れないこと、貧血を起こすくらいの体調になっている事が分かりました。自信喪失の練習でした。

でも、やっぱり走りきれた(随分歩きもしたけど)嬉しさは格別。海にザブーン。冷たかった~(⊙ꇴ⊙)
仲間がいるからこそできる練習でした。みんな、ありがとう!
20180505_045342 内灘海岸スタートは朝5時。海にちょっと手をひたしてちゃぷちゃぷ。絶対走って帰ってくるぞ。の意気込みで。
20180505_084023 夕霧峠手前。まだ雪が残っています。おろしたてのシューズがドロドロになりました。
20180505_085057 夕霧峠からの眺望。こちらは富山県側。砺波平野一望。
20180505_085106 そしてこちらが石川県側。はるか遠くに金沢港。あの辺から走ってきたのか・・・感慨深い。
20180505_190305 残り800メートル。海が見えています。この頃は貧血起こして酸欠状態。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

実家でのんびり

3日、4日は実家でのんびり。ちょうど母は旅行に出かけて留守でしたが、妹と姪っ子と3人でお泊まりです。

3日は、地元の友人とランチの約束。ちゃんと会うのは5年ぶり。あれもこれも話したいことがたくさんで、11時から16時まで5時間もランチだけでお店に居座り(笑)。あっという間の時間でした。まぁいろんなことがあったけれど、元気に過ごせていることが何より。元気なオバチャンになろうね!
そして、夕飯は姪っ子とふたりで。妹は飲み会があるので、いってらっしゃーい。
春から大学生になって、陸上の練習も一生懸命やってる姪っ子の話を聞いて楽しかった。すごく大変そうだけど、頑張ってる姿はなかなかよいものです。でも、ちょっと通学の大変さが本人だけでなく家族も疲弊させるのでは?と気になりました。何か対策しないと・・・。
あと、地元の先輩から「たけのこたくさん採れたからあげるよ」と連絡をいただき、たけのこ大好きなので、わーーい!ともらいにいきました。今年はたけのこがよく採れる「表」の年だそうですね、あっという間にたけのこって成長して採らないといけないらしく、なんとか処分したいと思っていたそうで。ついでにフキもいただきました。母や妹の分ももらってきました。
2日間があっという間。お天気もあいにくの悪天候だったので、ランニングはお休みにして、のんびりできました。
20180504_093934

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

お散歩しながら

20180502_083359 走ろう、と思って走り出したけど、腰からお尻の痛みと、足裏の痛みと、変な疲労感で、全然走れない。イヤな咳がでるようになったので、きっと風邪をひいたんだろう。

こんな時は無理して走ってもダメだ、そう思ってスロージョグとウォーキングを繰り返しながら進みました。田植えを待つ田んぼ。水が張られて、風が吹かなければ水面に映る風景はとてもいいものです。
のらりくらりと10km。
夕方から雨になりました。

| | コメント (0)

«娘と過ごす時間