« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月28日 (土)

帰省のついでに友人と会う

20151128_180658富山に帰省するタイミングで、高校の同級生と会いました。最近の私は、中学や高校の同級生との連絡はほぼなくて、ほんの数人の友達とうすーーく繋がっているだけ、という、ちょっと寂しいお友達事情なのですが、今夜会ったのは時々会う数少ない友達。

お誘いいただいてありがとう。

地元のオシャレなイタリアンのお店で、楽しい時間を過ごしてきました。
料理はどれも美味しくて大満足。フルコースでお腹いっぱい。
あまりお酒を飲まなくなって久しいのですが、ボージョレヌーボーもいただいてきました。今年のボージョレヌーボーは出来がいい、とテレビで見たりしていましたが味の良しあしが分かるわけもなく、ただ美味しかった(笑)。

次女の前撮り、友人との再会、とても充実した週末でした。

| | コメント (0)

次女成人式前撮り

この週末は富山に帰省しました。
次女の成人式の前撮りのためです。今年は長女の成人式でした。来年は次女の成人式。
ふたりとも、晴れて大人の仲間入り。

長女はかわいい印象が強かったのですが、次女はカッコイイ感じになりました。着物は赤ですが背が高いことと顔のパーツがはっきりしていることで、ダイナミックな印象です。

姉妹それぞれ、個性にあった着物を選んで、本人も満足だし親としても満足。

あと数年したら、すっかり娘たちは私の手を離れてしまうのだなぁ、と感慨深い思い。そろそろ私の母親としての卒業式も近いのかな。寂しいような気もします。20151129_230655

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

冬の編み物クラブ

20151126_211459_2冬のひとり編み物クラブの最初の作品、ランナー友達からの注文のニット帽完成。

模様が単純なのであっという間にできあがりました。

喜んでもらえるかな

| | コメント (0)

眼科受診

20151126_065346半年に一度の眼科受診。時期が遅くなってしまったのですが、特定疾患受給者証の更新手続きのための検査も兼ねています。今年中に申請ができればギリギリセーフ。

検査は、いくつもあって視野検査は2種類。いつものことですが、視野検査はとても嫌です。目が疲れるし、眠くなってしまう。今日も途中で目が閉じてしまったのか「はい、大きく目を開けてしっかりみてください」って言われてしまいました(笑)

診察では「視野の状態が6年前とほぼ同じですね。進行が止まっているようにみえますね。もし進行しているとしても10年単位で見て、ようやくちょっと進んでるかな、と感じるくらいの遅さです」という先生の言葉。
ほほーー。そうですか。なんだかうれしい。
網膜色素変性は治る病気ではないので、止まるものなら現状維持で止めておきたい、そう願ってきたのですが、現時点ではその願いが叶っています。

| | コメント (2)

2015年11月23日 (月)

花嫁のれん日帰りツアー

20151123_161746実家の母と、妹家族と一緒に「花嫁のれん日帰りツアー」に行ってきました。JR七尾線を走る特急電車。花嫁のれん、というのは婚礼に用いられる暖簾で、婚礼当日に花嫁がのれんをくぐってから結婚式に臨む、というもの。石川県を中心に北陸地方に伝わる風習のようです。
そんな花嫁のれんの名をもつ電車は、豪華な内装で座席は個室。能登の伝統美術をふんだんに使っているので、見ごたえもあります。

今年、古希を迎えた母へのプレゼントの日帰り旅行でした。

20151123_161807

20151123_162441


20151123_162518

加賀屋系列の「あえの風」というホテルで、豪華な昼食。子供たちにはちょっと大人な料理過ぎて口に合わなかったかもしれないけど、ボリュームたっぷりでとても美味しかった。

20151123_124313
20151123_124952
20151123_125337_2
20151123_131517


目の前に広がる海。くもり空でしたが、いい景色を楽しみました。ホテルのラウンジでは、飲み物がタダで飲み放題。お菓子も食べ放題。さすが加賀屋系列!太っ腹~。

20151123_143731

20151123_145416

親孝行は10年に1度しかしてないなぁ・・・と気がついてしまったけれど、今日は母への感謝の気持ちと、これからも元気で、という思いを込めて、妹と私からのささやかなプレゼントでした。
母、これからも元気で楽しく過ごしてね!!!

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

となみ庄川散居村縦断マラソン

20151122_072659今年のレースも残りわずかとなりました。今日は、砺波市で開催されたレースに参加。
砺波市文化会館がスタート。
懐かしい場所です。
ここは娘たちが吹奏楽で青春していた小学校から高校まで、吹奏楽コンクールの会場として何度も足を運んだ場所。コンクール会場としての文化会館しか見たことがない私には、マラソンの会場としてにぎわっていることにちょっと違和感を感じます(笑)。

お天気はくもり。ちょうどいい。今日はどんな走りにしようか、と考えます。昨日、ちょっと頑張った練習をしてしまったので足に疲労が残る。夜中にふくらはぎが痙攣してしまったこともあり「ゆるゆるレースにしよう」と決めました。頑張らないレースです。

とはいえ、まったくゆるゆる走るのもつまらないから、最初の5キロと最後の5キロは頑張る。間の10キロは辛くないペースで、という計画。

砺波の田舎道を走ります。いい感じ~。なんだかほのぼのする。10キロあたりで、変わったエイドがありました。「ここに飴があるよ~」と大会スタッフのよびかけの声。ん?と走っていくと、なんと、まるで運動会のパン食い競争のように、紐でお菓子がつるしてある!!可笑しい、可笑しい、なんじゃこれ!!思わず手が出てしまいました。あ、でもパン食い競争だから手を使っちゃいけないのか、と思っているうちに当然のごとくお菓子は取れず、スルー。でもあまりにも可笑しくて、なんかツボにはまってしまい、大笑い。一気に気持ちがまたゆるゆるになってしまいました。

残り5キロをちょっと頑張ってゴール。あーー楽しかった。
楽しいだけのレースでした。

こんなレース、大好きです。

ゲストは、世界陸上競歩メダリストの谷井選手。滑川が誇る世界のアスリート。

タイム:1時間45分20秒(ネット自己計測 1時間45分7秒)

20151122_075550

20151122_114749







| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

連休だぁ~

20151121_122230やった!3連休だ!
朝は、目覚ましをセットせずに目が覚めるまで寝ていました。今日は珍しく予定のない休日。
こんな日は、まったりと寝坊しなくちゃ。

8時に目が覚めて、洗濯、掃除、ご飯の支度、買い物。
娘は全然起きてこない。もったいない時間の使い方してるなぁ、と思いながら(思うだけで言わない)、ランニングへ。

すっかり秋ですね。ご近所のお庭にある木がどんどん葉を赤くしています。

冬のひとり編み物クラブも始まって、お友達にあげるニット帽を編んでいます。目に負担をかけてはいけないので、長時間は編まないようにしています。

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

金沢マラソンはボランティアで参加

20151115_093306金沢マラソン。
抽選漏れで走れないので、ボランティアで参加しました。
ちょうど20キロを過ぎて50メートルくらいのところ。

スタート直前に土砂降りの雨となりましたが、なんとかその後はくもり、小雨、といったお天気で走りやすかったかもしれません。

コース沿道での仕事でした。トップランナーが次々にやってくるのをじーーっと見つめて「何で速く走れるんだろう?」とフォームを研究することができました。答えは「よくわかんない」なんだけど。フォームは人それぞれなんだけど、みんなぐいっと体が前に出る走り。参考になります。

そして、どんどん増えてくるランナー。必死で友人たちを探します。なんとか、お目当ての友人は見つけることができました。ハイタッチで「がんばれ!」と声をかけます。思わず顔がほころんできます。みんな、いい走りをしてるよ!!!

そして時間の経過とともにだんだん選手が少なくなって、そしてランナーは歩いたり立ち止まってストレッチをする人が多くなってきます。余裕で(?)誰かと電話しながら歩いているランナーを見て、沿道のおじちゃんが「ほらほら、ケータイなんかしてないで走れ~」って応援してて、思わずみんなが笑ってました。

やがて、本当の「最後尾」ランナーが通過。
トップランナーから、最終ランナーまでを見送って、後片付け、ゴミ拾いをし、ボランティアの任務は終了です。

3時間以上たちっぱなしは、とても疲れました。走っている方がマシ、なんて思ったりもしました。
私はマラソン大会にはランナーとして参加することが圧倒的に多いけれど、大会役員、ボランティアのみなさんへの感謝の気持ちを新たにしました。走るよりも大変な仕事を笑顔で続けてくれるボランティアのみなさんへの感謝の気持ちを忘れずに走りたいと思います。

金沢マラソン、どんな大会だったのでしょう。
自分の仕事のエリアしか見ていないので、盛況ぶりが分からない。
富山マラソンも素晴らしい大会でしたが、きっと金沢マラソンもいい大会だったんだろうな。
金沢マラソンはすでに来年の大会開催を決定しています。
来年は、抽選で当たれば走りたい。

20151115_123152




| | コメント (0)

2015年11月 8日 (日)

忙しい一日でした

20151108_062908金沢市内のランニングチームに仲間入りさせてもらいました。主催者であるBOSSの都合が悪くない限り(レースとか)、日曜日の朝6時から8時まで、メンバーが集まって練習しているそうです。
会社の走ろう会のメンバーが、このチームのメンバーでもあるので紹介してもらって、今日が初参加。
6時からの練習、ということは練習場所までの移動も考えたら4時半起きです。しかも今朝はけっこうな雨・・・。でも、行くぞ!一緒に行って、とお願いしたメンバーとは途中で待ち合わせて練習場所まで行きました。まだ真っ暗な時間帯。運転怖い・・・。

一旦、練習場所に集まりましたが、雨がひどいので急きょ「卯辰トンネル」へ移動。このトンネルは、長さ1.2キロ。金沢のランナーたちの冬場のとっておきの練習場所です。雪深い北陸で、冬場に外を走ることは非常に難しいのですが、このトンネル、車道と歩道がしっかりと壁で仕切られており、排気ガスを吸い込む心配をしなくていいので、ランナーたちが集まるそう。

・・・ということは知っていたのですが、どこに車を止めてこのトンネルに入るのか、それが分からなくて一度も行ったことがありませんでしたが、今日、初めて連れて行ってもらって、なるほど。と。次、ひとりでもいけるかなぁ???

練習は、ほぼ10キロをビルドアップで。来週の金沢マラソンを走る人が多いので、調整のはずなのにこの飛ばしっぷりは何???かなりハイレベルなチームのようです。残り2キロで置いていかれました(涙)。でも、このメンバーと練習したら絶対強くなれる!そんな確信が持てました。頑張って練習に参加して、来春には結果を出したい。

さて。
練習が終わったら実家へ。家の光回線の品目変更をしたので機器設定に行ったのですが、まさかのNG!想像もしていなかったトラブル(?)で、電話もインターネットも使えない状態のままタイムアップ。火曜日に故障修理として来てもらうことになりました。母さんごめん!!しばらくは不便かけます。

20151108_133622


| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

金沢カレー

20151107_112716走ろう会の練習のあと、女子メンバーでお風呂に入ってそのあとランチへ。

カレーの美味しいお店に連れて行ってもらいました。

「金沢カレー」とは?
キャベツの千切りが必ず添えられていて、ルゥはちょっと色が濃い。そして銀の器に先割れスプーン。
だそうです。

確かに、会社の食堂のカレーでさえキャベツの千切りが乗っている。最初にこれを見たときは「なんでカレーにキャベツの千切りが必要なんだ?」と思ったけど周りのみんなは当たり前みたいな顔。思えば、食堂のカレーは「金沢カレー」だったんですね。富山にはない食文化。

今日は、ありったけのトッピングを注文しました。ウィンナー、コロッケ、ゆで卵、ハムカツ。食べたらお腹がパンパンになりました。
みんなでランニング談義をしながら食べるカレーはまた特別に美味しかった。

そしておまけ。
スーパーで新鮮な葉っぱ付きの大根を買ったので、ごまみそ炒めにしました。辛味噌も少し入れてピリ辛に。ご飯のお供になりました。20151107_182710




| | コメント (0)

楽しい

20151107_092959会社の走ろう会の練習会へ。
犀川沿いを走りました。メンバーのほとんどが金沢マラソンに当選しており、いよいよ来週となったレースに向けての調整段階。でも私は、富山マラソンの疲れをとり、次のレースに向けての練習再会の日。

紅葉している木々の下をサクサクと走るのが楽しくて仕方ない。

富山マラソンで、これまで長い時間悩み続けていた、走ることが好きになれない気持ちが晴れたようです。2年くらい悩んだかなぁ。体調を崩して走れなくなり、記録もまったく伸びず、悶々としてトンネルの中にいるようだった時期をようやく脱出できたかもしれない。

自分の生活の中にゆるりと位置づけられてきたランニング。ここ最近、ランナー友達が増えて、ものすごい勢いで練習したり記録を伸ばしていくのをみて、焦っていたのかもしれません。なんとかしなくちゃ、と思いながら変えられないライフスタイル、焦りといら立ちの悪循環を起こしていたのかもしれません。

結局は、他人と自分を比べてはいけない。ゆるゆると走る自分のスタイルは変えられない。早起きもできないし、真っ暗な夜に走ることもできない。それでいいじゃないか。という当たり前の結論にたどり着くまでに、どれほどの遠回りをしたんだろう。

今日は走っていて楽しかった。また私なりに頑張ろう、と思えた。
富山マラソンで得たものはとても多かった、と感じています。

20151107_093200




| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

休養日

レース後は、しばらく体を休めます。いつも休んでるじゃん、と言われたら返す言葉がありませんが、一応・・・。
朝は、目が覚めるまで起きないぞ!と思っていたのに、5時半に目が覚めてしまいました。なんでぇ?残念。損した気分。
仕方がないので、洗濯したり掃除したり、朝ごはんを作ったり。

午前中はお天気がいまひとつだったので、これ幸い、とこたつに入ってじーーーっとしていたのですが、お昼近くなってきたので、娘と「外で食べようか」と意見は一致。お出かけです。その頃にはすっかりいいお天気になって、雲がもくもくと楽しそうな空になってきました。

何度か行っている「農園食堂」へ。ボリュームのあるランチですが、味付けが濃すぎずとても美味しい。

20151103_123728
店内の雰囲気も大好きです。

20151103_124257
レースの後はなぜかラーメンが食べたくなる。走って汗をかくことで体から塩分が抜けていくから?かもしれないですね。昨日1日「ラーメン食べたい・・・」を我慢していたので、今日はラーメンを食べられて幸せ。豆乳味噌ラーメンです。これも味付けがあっさりしていて、食べやすい。

お腹いっぱいになって、買い物をして帰宅したら、体がうずうず。あまりのお天気の良さに、着替えて外へ!
さすがに今日は走ることはしません。音楽を聞きながら45分ほどのお散歩を楽しみました。足に疲労が残っているのですが、歩くことでしっかり血液が体に流れてすっきりします。

満足、満足。

20151103_145114



| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

富山マラソン

心配していたお天気でしたが、すっきりと晴れました。
実家で泊まって、栄養たっぷりの夕飯をいただき、ぐっすり眠って朝を迎えました。
朝、4時半に目覚まし。え?なんで早起きするんだっけ?と、一瞬、マラソンのことが頭から吹っ飛んでしまっていました。二度寝しようとして、あ、マラソンだった・・・と慌てて起きる。

いつもなら、自分で朝ごはんを用意しなくてはいけないのに、今朝は母が作ってくれる。おおいに甘えてしまいました。どうもありがとう。

電車に乗って高岡へ。富山マラソンは、高岡がスタート、富山がゴールです。
そうして考えると、普通は車で移動する距離を走るのだ、と42キロの長さを感じます。

会場に着いて、着替えて荷物を預けてスタートブロックへ。ふと横を見ると、地元のランナー友達がにっこり。握手して「楽しみましょうね」。
スタートの号砲とともに動きだす14,000人のランナー。しばらくは動かない人の波が少しずつ歩きはじめ、そしてゆっくりと走りだします。だれも慌てないこの雰囲気。いいですね。

スタート直後から、割れんばかりの応援をしてくれる沿道の人たち。高岡の街、細い道をぎゅうぎゅうと走るのですが、あまりの応援の多さにびっくりしてしまいました。
きっと、この街並みを抜けたら応援する人はいなくなるだろう、と思っていたのに、その予想に反して、応援はまったく途切れない。あまりの沿道の応援の多さに、ウルウルしてしまいます。なんで、こんなにたくさんの人が応援してくれるんだろう?小学校、中学校、あるいは部活動、子供たちがごっそりと沿道に並んでいて、もしかして今日は登校日にしてみんな出てきてくれているのでは?と思うほどでした。
私もそうですが、ランナーのみんなも、この応援にすごく感激していることがわかります。たくさんのランナーが、沿道の子供たちと手を合わせながら走っているから。
ランニングをする人にはよく理解してもらえると思うのですが、腕の振りを止めて、ハイタッチしたり手を振ったりすることは、ランニングの動きを抑えてしまって疲れるものです。それでも、子供たちや応援のみなさんと手をタッチしたくなる、そんな雰囲気が、この大会にはありました。

コースの一番の目玉である「新湊大橋」。ここは、ループを描きながら高さ50メートルほどの高さまで一気に登ります。ほぼフラットなコースのなかでの一番の高低差です。
その高低差よりも、この橋を登りきったところの景観がすばらしい。美しい橋柱の向こうに広がる立山連峰と、日本海が一望できます。
普段のフルマラソンのレースでは、少しでも荷物を減らしたくてスマホは持たずに走るのですが、今日は持ってくるべきだった!!と激しく後悔しました。絶景をバックに写真を撮っているランナーが恨めしくて仕方ありませんでした(笑)。

肝心のレースのこと。
体調がいいのか、悪いのか、まったく分からず、どれくらいのペースで走れるかも予想できませんでした。絶好調ではないし、調整もうまくいってない、なのでとにかくペースを抑え気味にして30キロまで行ってみよう。そして残りの12キロは頑張れたらペースを上げてみよう。
それくらいのざっくりしたレースイメージでスタートしました。

走り始めて10キロくらいで「あまり辛くないな・・・」と思いましたが、無理せず。ちょうど20キロが新湊大橋でしたがこの橋の坂道も何となく登れて、調子悪くないかも・・・。中間地点の通過タイムを見て、これは4時間を切ってゴールできるタイムだ。と気が付き、走りながら後半のレース展開を練りました。
当初の予定通り30キロまではこのままのペースで行く。30キロを過ぎて体が元気なら、ほんの少しペースを上げて、37キロからはゆるくスパート。そんなプランで。

30キロを過ぎたところで、いつもは追いつけないはずのランナー友達を発見。彼女はあまり足の調子がよくなくてペースを落としていたのですが、私にとってはいい目標ができてラッキー。彼女の背中を見ながらゴールに向かいました。
37キロ過ぎからは、足が痙攣しそうになって、誤魔化すのに必死。すねが痛くなり、次は足の裏の土踏まずが交互にピキピキし、次は膝も痙攣しかかって、それをごまかすためにほんの少しスピードを落として「あと少しがんばって・・・」と足に言い聞かせて頑張りました。

ゴールは、環水公園。県内屈指の吹奏楽部をもつ高校の演奏と応援団の力強い応援(学ランを着た女の子もいた!)に最後のひと押しをしてもらい、ありったけの力を振り絞ってゴール。

4時間を切って、しかも自己ベストでゴールできました。

まさに3年ぶりのサブ4です。
走ることがあまり好きではなくなり、これ以上記録は伸ばせないのか、と諦めかけていたので、故郷の大会で自己ベストを出せたことは、最高にうれしい。

12月の青島太平洋マラソンで、さらに記録更新を狙ってみよう。

記録:3時間47分20秒

Photo

| | コメント (4)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »