« 富山マラソン(前日受付) | トップページ | 休養日 »

2015年11月 1日 (日)

富山マラソン

心配していたお天気でしたが、すっきりと晴れました。
実家で泊まって、栄養たっぷりの夕飯をいただき、ぐっすり眠って朝を迎えました。
朝、4時半に目覚まし。え?なんで早起きするんだっけ?と、一瞬、マラソンのことが頭から吹っ飛んでしまっていました。二度寝しようとして、あ、マラソンだった・・・と慌てて起きる。

いつもなら、自分で朝ごはんを用意しなくてはいけないのに、今朝は母が作ってくれる。おおいに甘えてしまいました。どうもありがとう。

電車に乗って高岡へ。富山マラソンは、高岡がスタート、富山がゴールです。
そうして考えると、普通は車で移動する距離を走るのだ、と42キロの長さを感じます。

会場に着いて、着替えて荷物を預けてスタートブロックへ。ふと横を見ると、地元のランナー友達がにっこり。握手して「楽しみましょうね」。
スタートの号砲とともに動きだす14,000人のランナー。しばらくは動かない人の波が少しずつ歩きはじめ、そしてゆっくりと走りだします。だれも慌てないこの雰囲気。いいですね。

スタート直後から、割れんばかりの応援をしてくれる沿道の人たち。高岡の街、細い道をぎゅうぎゅうと走るのですが、あまりの応援の多さにびっくりしてしまいました。
きっと、この街並みを抜けたら応援する人はいなくなるだろう、と思っていたのに、その予想に反して、応援はまったく途切れない。あまりの沿道の応援の多さに、ウルウルしてしまいます。なんで、こんなにたくさんの人が応援してくれるんだろう?小学校、中学校、あるいは部活動、子供たちがごっそりと沿道に並んでいて、もしかして今日は登校日にしてみんな出てきてくれているのでは?と思うほどでした。
私もそうですが、ランナーのみんなも、この応援にすごく感激していることがわかります。たくさんのランナーが、沿道の子供たちと手を合わせながら走っているから。
ランニングをする人にはよく理解してもらえると思うのですが、腕の振りを止めて、ハイタッチしたり手を振ったりすることは、ランニングの動きを抑えてしまって疲れるものです。それでも、子供たちや応援のみなさんと手をタッチしたくなる、そんな雰囲気が、この大会にはありました。

コースの一番の目玉である「新湊大橋」。ここは、ループを描きながら高さ50メートルほどの高さまで一気に登ります。ほぼフラットなコースのなかでの一番の高低差です。
その高低差よりも、この橋を登りきったところの景観がすばらしい。美しい橋柱の向こうに広がる立山連峰と、日本海が一望できます。
普段のフルマラソンのレースでは、少しでも荷物を減らしたくてスマホは持たずに走るのですが、今日は持ってくるべきだった!!と激しく後悔しました。絶景をバックに写真を撮っているランナーが恨めしくて仕方ありませんでした(笑)。

肝心のレースのこと。
体調がいいのか、悪いのか、まったく分からず、どれくらいのペースで走れるかも予想できませんでした。絶好調ではないし、調整もうまくいってない、なのでとにかくペースを抑え気味にして30キロまで行ってみよう。そして残りの12キロは頑張れたらペースを上げてみよう。
それくらいのざっくりしたレースイメージでスタートしました。

走り始めて10キロくらいで「あまり辛くないな・・・」と思いましたが、無理せず。ちょうど20キロが新湊大橋でしたがこの橋の坂道も何となく登れて、調子悪くないかも・・・。中間地点の通過タイムを見て、これは4時間を切ってゴールできるタイムだ。と気が付き、走りながら後半のレース展開を練りました。
当初の予定通り30キロまではこのままのペースで行く。30キロを過ぎて体が元気なら、ほんの少しペースを上げて、37キロからはゆるくスパート。そんなプランで。

30キロを過ぎたところで、いつもは追いつけないはずのランナー友達を発見。彼女はあまり足の調子がよくなくてペースを落としていたのですが、私にとってはいい目標ができてラッキー。彼女の背中を見ながらゴールに向かいました。
37キロ過ぎからは、足が痙攣しそうになって、誤魔化すのに必死。すねが痛くなり、次は足の裏の土踏まずが交互にピキピキし、次は膝も痙攣しかかって、それをごまかすためにほんの少しスピードを落として「あと少しがんばって・・・」と足に言い聞かせて頑張りました。

ゴールは、環水公園。県内屈指の吹奏楽部をもつ高校の演奏と応援団の力強い応援(学ランを着た女の子もいた!)に最後のひと押しをしてもらい、ありったけの力を振り絞ってゴール。

4時間を切って、しかも自己ベストでゴールできました。

まさに3年ぶりのサブ4です。
走ることがあまり好きではなくなり、これ以上記録は伸ばせないのか、と諦めかけていたので、故郷の大会で自己ベストを出せたことは、最高にうれしい。

12月の青島太平洋マラソンで、さらに記録更新を狙ってみよう。

記録:3時間47分20秒

Photo

|

« 富山マラソン(前日受付) | トップページ | 休養日 »

コメント

マラソン、頑張っていますね!
自己ベストも出したみたいでよかった、よかった。
私は運動が苦手なので、あんぱんさんみたいに出来ないけれど、せめてできることから~でヨガ(ピラティス)をやっています。
今日は第1回の「おかやまマラソン」の開催日でした。天気予報では雨模様でしたが、さすが腫れの国岡山、選手が走る頃は止んで絶好のマラソン日でした。
有森裕子さんもスペシャルアンバサダーになられて、走っていましたよ。

投稿: りえっち | 2015年11月 8日 (日) 20時10分

りえっちさんへ
そうだ、おかやまマラソンも第1回大会でしたね。
ご縁があればいつか走りたいと思います。
有森さん、って岡山出身でしたよね。
さすが晴れの国、岡山!やはり走る時はお天気がいいに
越したことないです。

りえっちさんもヨガを続けておられるんですね。
自分ができることを楽しく続けることが大事だなぁ、って
ここ最近実感しています。

あ、あと、いつもりえっちさんの美味しそうなブログを見て
よだれ垂らしてます^^

投稿: あんぱん | 2015年11月 8日 (日) 20時28分

あんぱんさん こんにちは 

マラソンやられているのですね。

富山マラソンの記事に目が留まりまして、
実は 私も 学生の頃から 走ったこともなく、突然 7年前に 長野マラソンに参加して 病みつきになりました^^;当時 53歳・・・ 

5時間以内の制限時間に対して なんと 4時間48分でしたか 苦しかったですが 完走できました その年から 毎回参加させてもらい 2年前は

サブ4まで あと一歩までの 4時間8分でした

昨年は 練習不足というか 仕事が忙しくて 5時間ギリギリのタイムでしたが・・・

今年は 長野マラソンは エントリーしていませんが、 また 来年から 頑張ってみようと思っています。 また 長野にも 来てください。 私も 富山マラソンに 参加させていただき橋の上からの 絶景を眺めて見たいと思います。

投稿: じゃす | 2016年1月24日 (日) 17時01分

じゃすさん
こんばんは
じゃすさんもマラソンランナーでしたか!
長野マラソンはアップダウンが結構きつい大会では
なかったでしょうか。
いつか長野に行ってみたいですね。
富山は4月にエントリーが始まります。先着順ですので是非!

投稿: あんぱん | 2016年1月24日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富山マラソン(前日受付) | トップページ | 休養日 »